決め手は早期発見にあり

看護師

咽頭がんは初期症状が分りづらく、しかもできる場所によっては喉に関係あると思えない症状が現れることがあります。少しでも違和感を覚えたらすぐに検査をしましょう。検査では今音声分析による検査も行われており、初期の咽頭がんチェックに役立っています。今後はますますこうした新しい検査法が開発されることでしょう。

詳しく見る

早期発見のコツと予防法

相談

直腸がんは、初期の段階では、ほとんど自覚症状を感じることができません。したがって、毎日の食生活で予防することが重要です。また、早めの診察によって、早期治療ができれば、100%近い確率で治療が可能な病気です。

詳しく見る

サイトメニュー

初期症状が出たら要注意

ハート

病気は症状が表面へ出てくるものですから、初期段階で気付くことが出来れば完治もすぐそこでしょう。胃がんの場合もいくつかの症状がありますので、当てはまるようなら早急に受診をした方が良いです。

詳しく見る

がんは予防出来る

診察室

生活習慣の乱れが原因で、がんを引き起こす可能性が高まりますがその中には食道がんも含まれています。予防と対策をすれば再発することがないため、生活習慣を中心に改める必要があるでしょう。

詳しく見る

目には見えない症状

悩む人

自律神経失調症は自覚症状に気が付きにくい病気です。それだけストレスや何か夢中になれるものに集中しているからです。自律神経失調症の場合は体の不調が起きると一般診療科目を先に受診してそこでは異常が見つからない時は特別診療科目の診察を受けける流れがあるのです。

詳しく見る

標準的ながんの克服方法

医者

外科手術を行う場合

大腸がんの治療ではまずCT、MRI、内視鏡検査等の結果を診断し、大腸がんの大きさ、進達度、部位によって治療方法を決めていきます。大腸がんの治療において中心となるのは外科的手術になります。2センチ未満で進達度が低いと判断されれば内視鏡検査時に癌をとる場合もありますが、ステージや存在する部位、範囲等を患者さんの状況を総合的に勘案して腹腔鏡手術または開腹手術が選択されることになります。通常手術では大腸がんが存在する部位の腸の切除だけではなく周囲のリンパ節のかく郭清も行います。術後病理検査で切除したリンパ節に癌の転移が認められればステージ3に分類され再発予防のために化学療法による治療が継続的に行われることになります。

化学療法を行う場合

手術後の検査においてリンパ節へ転移している場合や術前の検査においてすでに肝臓や肺、腹膜など遠隔臓器への転移が確認されている場合は通常の生活をおくる上で不自由が無い限りにおいて手術で切除し、その後化学療法、放射線治療を行いとりきれないがんの縮小を目指していくことになります。大腸がんの治療方法は日々進歩しており高い治療効果が期待できる方法も開発されているので、効果が十分みられ、がんが切除可能な程度まで縮小した場合などにはあらためて手術でがんを切除することもあります。しかし化学療法や放射線治療の効果があまりみられず患者さんの負担が大きいと判断された場合には疼痛などの症状をやわらげる緩和的治療を行うことになります。

人気記事

カウンセリング

福祉サービスと併用

世田谷区の在宅医療は患者さんらしく生活を続けながら治療が行えるメリットがあるのです。そのために訪問医師や訪問看護師の間にケアマネージャーが入るのです。するとスムーズに患者さんの治療を自宅で行えるようになるのです。

詳しく見る

悩む人

危険因子はたくさん

人と共存している以上、至るところにストレスが潜みます。また、会社勤めの方は成果主義などの影響でストレスの度合いも高くなるでしょう。ストレス解消に食生活が乱れてしまうと心筋梗塞の可能性も高まってしまいます。心筋梗塞の予防には健康診断が重要となります。

詳しく見る

医者と看護師

体に異常を感じたら病院へ

食生活の変化により、潰瘍性大腸炎になる日本人が増えています。潰瘍性大腸炎になると大腸の粘膜が炎症を起こし、腹痛や下痢、血便などの症状が現れます。病院の内視鏡検査で発見が可能であり、軽度の場合の治療としては薬物療法があります。

詳しく見る