サイトメニュー

発生リスクを予想

聴診器

ストレス発散のために、タバコを吸う人は非喫煙者の20倍程肺がんになるリスクを持っています。そのため、喫煙者も肺炎になるかもしれないリスクを持っていることを忘れないようにしましょう。肺炎は、先進国日本でも非常に多い病で知られており、完治させるための治療が辛いことでも知られています。患ってしまった以上、治療を放棄することは命の危機が迫っていることになるため、積極的に受けるべきといえます。

肺がんになるリスクは、一位の腺がんに比べると低いとされています。ただ、ある結果によると肺がんリスクを識別で分けた結果、男性で4倍、女性では3倍の確立で発症することがわかっています。これらのデータを見る限り、肺がんも発症しにくいとは言いがたい病なのが分かるでしょう。大半は喫煙が関係しており、非喫煙者より何倍ものリスクを抱えていると言われています。ですから、専門病院に行く等、禁煙をすることも肺がんを誘発させない大切な取り組みになるのです。また肺がんリスクを題材にした研究では、タバコを吸う人の遺伝子的要素を踏まえてリスクの有無が変わってくると結果が出ていますから、まだ解明しきれない部分が多々ある状態でしょう。とは言え、ガンに関する研究は続きますし、遺伝子的な部分から発生リスクを考えることが成果を期待するための大切な部分であると言えます。そのため、治療に関してもこの辺が上手に活かされるようになればより効果的な肺がん治療を施すことが出来るのです。

人気記事

カウンセリング

福祉サービスと併用

世田谷区の在宅医療は患者さんらしく生活を続けながら治療が行えるメリットがあるのです。そのために訪問医師や訪問看護師の間にケアマネージャーが入るのです。するとスムーズに患者さんの治療を自宅で行えるようになるのです。

詳しく見る

悩む人

危険因子はたくさん

人と共存している以上、至るところにストレスが潜みます。また、会社勤めの方は成果主義などの影響でストレスの度合いも高くなるでしょう。ストレス解消に食生活が乱れてしまうと心筋梗塞の可能性も高まってしまいます。心筋梗塞の予防には健康診断が重要となります。

詳しく見る

医者と看護師

体に異常を感じたら病院へ

食生活の変化により、潰瘍性大腸炎になる日本人が増えています。潰瘍性大腸炎になると大腸の粘膜が炎症を起こし、腹痛や下痢、血便などの症状が現れます。病院の内視鏡検査で発見が可能であり、軽度の場合の治療としては薬物療法があります。

詳しく見る