サイトメニュー

危険因子はたくさん

悩む人

危険因子は肥満やストレス

心筋梗塞は、内側からえぐるような感じの胸の痛み、呼吸困難や吐き気、冷や汗が伴います。重度な場合は死に至ります。前兆として胸やみぞおちを圧迫するような痛みがあるというのが一般的です。また、肥満型の男性に多いという点も特徴的です。心筋梗塞は、40歳以上の中年男性がかかるイメージが強いかもしれませんが、実際に30代のビジネスマンが心筋梗塞になるというパターンも多いようです。従来からある肥満という危険因子だけでなく、生活習慣の乱れ、ストレスがこの病気の若年化をもたらしています。ストレスをうまくコントロールすることや、生活習慣の改善、特に食生活や運動を取り入れるといった工夫で若いうちから予防をしておくことが重要となってきます。心筋梗塞の予防は、あらゆる生活習慣病の予防にもつながりますし、美容面でも大変効果的になります。ぜひ、実践してください。

生活改善とストレス制御

生活習慣のうち、まず食生活と運動の面から見ていきましょう。食生活改善のポイントは塩分や糖分、肉の脂質やコレステロールの摂取を抑えることと、血行に良い食材を取り入れることとなります。一方で魚の脂は、常温で固まらない良質な脂です。血液をサラサラにする効果もあります。魚や野菜、果物を積極的に取り入れましょう。ただし、ストレスが溜まらないことも肝心ですので、時には思い切り好きなものを食べても良いでしょう。運動は血行に良いので適度に行いましょう。過度にしすぎると心臓に負担もかかりますので、ウォーキングや腹筋などの有酸素運動を中心に行ってください。あとは、ストレスコントロールです。動きを伴った趣味を持ち、ストレス解消を図りましょう。カラオケで思い切り声を出す、ショッピングに行くなら徒歩や自転車を取り入れるなど方法は色々とあるでしょう。そして、心筋梗塞の予防に最も重要と言えるのが定期的な健康診断です。突然発症し深刻な状態をもたらしてしまう心筋梗塞は、自身で気づいた時にはもう遅い、といったケースも少なくありません。しかし体内の血行状況などを見ることで発症を予見することは可能なので、1年に1回程度健康診断を受けて病気を予防していきましょう。地域に点在する内科など一般的な病院で健康診断は受けることが出来るので、1日休みなどをとって自分の体のチェックを行いましょう。

人気記事

カウンセリング

福祉サービスと併用

世田谷区の在宅医療は患者さんらしく生活を続けながら治療が行えるメリットがあるのです。そのために訪問医師や訪問看護師の間にケアマネージャーが入るのです。するとスムーズに患者さんの治療を自宅で行えるようになるのです。

詳しく見る

悩む人

危険因子はたくさん

人と共存している以上、至るところにストレスが潜みます。また、会社勤めの方は成果主義などの影響でストレスの度合いも高くなるでしょう。ストレス解消に食生活が乱れてしまうと心筋梗塞の可能性も高まってしまいます。心筋梗塞の予防には健康診断が重要となります。

詳しく見る

医者と看護師

体に異常を感じたら病院へ

食生活の変化により、潰瘍性大腸炎になる日本人が増えています。潰瘍性大腸炎になると大腸の粘膜が炎症を起こし、腹痛や下痢、血便などの症状が現れます。病院の内視鏡検査で発見が可能であり、軽度の場合の治療としては薬物療法があります。

詳しく見る