サイトメニュー

基本知識に取り入れる

ドクター

盲腸や結腸に出来る大腸がんも、医学の進歩により完治させることが出来るようになりました。最悪転移しても、正しい知識と治療技術があれば、死なない病と言われていますから、がんだからと肩を落とす必要は一切ありません。この大腸に出来るがんは、主に女性に多いとされており、50代に多い大病で知られています。早いうちに検査をして早期発見に繋がれば高い確立で完治させられるため、治りやすいがんでも認知されています。原因としては、まず現代的な食事が関係しています。レトルト食品や外食が多い環境なら、少なく共がんの確立は右肩上がりでしょう。またデスクワークや高齢化といった部分でも大腸ガンを引き起こす原因が隠されているため、先進国でも裏では死亡率の高い病気として挙げられています。未然に防ぐ手段は、定期的な検査です。これらをしっかり行なうことが大病を進行させないポイントになるため、人間ドック等の利用も積極的に行なうべきと言えるでしょう。

大腸に出来るがんは、便に変化が見られます。通常ならバナナ位の太さが理想的といいますが、大腸にがんがある場合、細い便が排出されることがあります。他には、血便が出たり、便が異常な程排出され受診される方がいるため、がんの確立はさらに上がると思われます。治療をする上で先に知っておきたい情報は、大腸のどの部分まで進行しているか、そしてリンパ節や他の部位に転移が見られるかの2点に着目します。それらを知った上で、より効果的な治療を施すため、詳しい検査が不可欠になるのです。

人気記事

カウンセリング

福祉サービスと併用

世田谷区の在宅医療は患者さんらしく生活を続けながら治療が行えるメリットがあるのです。そのために訪問医師や訪問看護師の間にケアマネージャーが入るのです。するとスムーズに患者さんの治療を自宅で行えるようになるのです。

詳しく見る

悩む人

危険因子はたくさん

人と共存している以上、至るところにストレスが潜みます。また、会社勤めの方は成果主義などの影響でストレスの度合いも高くなるでしょう。ストレス解消に食生活が乱れてしまうと心筋梗塞の可能性も高まってしまいます。心筋梗塞の予防には健康診断が重要となります。

詳しく見る

医者と看護師

体に異常を感じたら病院へ

食生活の変化により、潰瘍性大腸炎になる日本人が増えています。潰瘍性大腸炎になると大腸の粘膜が炎症を起こし、腹痛や下痢、血便などの症状が現れます。病院の内視鏡検査で発見が可能であり、軽度の場合の治療としては薬物療法があります。

詳しく見る