サイトメニュー

初期症状が出たら要注意

ハート

肺がんについで二番目に多い胃がんも、治療が遅れると命の危機がある大変怖い病です。しかし、初期症状の段階で治療が出来れば、胃がんもしっかり治療をすることが出来るため、少しでも似たような症状があるなら専門病院への受診を検討した方が懸命です。ただ、胃がんは症状に出ていても気づかれないことが大半で、ガンの中でもっとも早期発見が難しいとされています。そのため、おかしいと思い病院へ訪れた結果、末期状態だったという状態が少なからずありますから、定期的な検査が不可欠になってきます。

気づかれにくい胃がんも、早期発見をすれば治せる大病ですが、そこに行き着くまで時間を要するので注意が必要です。また胃がんは、粘膜から下にくるものを早期胃がんとみなし、ある程度深い所まで進行すると進行性の胃がんと区別させられます。後者だと、気づいた時には遅く、場合によっては治療の施しようがないケースもあります。ただ、前者の早期胃がんだと、比較的進行がまったりとしているため、進行性よりも治療がしやすいと言えます。ではどのような症状があるのでしょう。まず早期胃がんの場合胃や胸が常に凭れている状態になります。これは脂っぽいものを食すると出てくる症状になるため、多くの人が経験済みかと思われます。そこに吐き気やゲップ、またはみぞおちの不快感や痛みが出てきた場合は、早期胃がんの可能性が高くなるため、早めに治療することが重要です。尚、これより進行すると嘔吐や吐血、黒い便が出るといった末期状態になります。スキルス性胃がんは触ると分かることが多々あり、腹水が溜まる特徴を持ちます。どの胃がんも早期発見が厳しいため、胃カメラより高度な医療機器を使った検査が好ましくなります。

人気記事

カウンセリング

福祉サービスと併用

世田谷区の在宅医療は患者さんらしく生活を続けながら治療が行えるメリットがあるのです。そのために訪問医師や訪問看護師の間にケアマネージャーが入るのです。するとスムーズに患者さんの治療を自宅で行えるようになるのです。

詳しく見る

悩む人

危険因子はたくさん

人と共存している以上、至るところにストレスが潜みます。また、会社勤めの方は成果主義などの影響でストレスの度合いも高くなるでしょう。ストレス解消に食生活が乱れてしまうと心筋梗塞の可能性も高まってしまいます。心筋梗塞の予防には健康診断が重要となります。

詳しく見る

医者と看護師

体に異常を感じたら病院へ

食生活の変化により、潰瘍性大腸炎になる日本人が増えています。潰瘍性大腸炎になると大腸の粘膜が炎症を起こし、腹痛や下痢、血便などの症状が現れます。病院の内視鏡検査で発見が可能であり、軽度の場合の治療としては薬物療法があります。

詳しく見る