サイトメニュー

がんは予防出来る

診察室

がんになる理由は主に食生活の悪化が要因ですが、食道がんだと喫煙と飲酒が深く関連しています。そのため、予防には前者の2つを控えることが重要です。ただ、喫煙と飲酒を日常で取り入れているならすぐに辞めることも難しいです。この場合は適度に抑え、年に数回の細かい検査を受ける必要があります。さらに、過去食道がんを発症した経験を持つなら、尚更定期的な検査は避けられない状態です。

食道がんを効果的に予防するなら、禁酒と禁煙が第一ですが、極稀に遺伝的要素で発症する可能性もあります。ただ大半はお酒の過剰摂取やヘビースモーカーが原因ですから、控えるながら上手に付き合っていく必要があります。しかしお酒が美味しい季節になると、飲み会やイベントが必然的に増えてきます。予防したくても雰囲気で避けられないこともあるでしょう。この場合は、度数の少ないものを積極的に選ぶか、近年はノンアルコールもありますから工夫をしながら乗り切ることも食道がんを誘発させない取り組みになります。しかしお酒の場合だと少量の服用でリラックス効果が得られるという結果が出ていますから、完全に経つことは難しいです。この辺も自己管理が必要になりますから、少しずつ実行しながら、飲酒を減らしていきましょう。適量は一般的にビールだと一日に中瓶、ワイン系になると四分の一程度が好ましいと言われています。完全に辞めるのが難しいなら、肝臓を休ませる意味でもお酒を飲まない日を定めることも大切です。そこに食道がんの予防として内視鏡検査を定期的に取り入れていけば深刻な状態にならないのです。

人気記事

カウンセリング

福祉サービスと併用

世田谷区の在宅医療は患者さんらしく生活を続けながら治療が行えるメリットがあるのです。そのために訪問医師や訪問看護師の間にケアマネージャーが入るのです。するとスムーズに患者さんの治療を自宅で行えるようになるのです。

詳しく見る

悩む人

危険因子はたくさん

人と共存している以上、至るところにストレスが潜みます。また、会社勤めの方は成果主義などの影響でストレスの度合いも高くなるでしょう。ストレス解消に食生活が乱れてしまうと心筋梗塞の可能性も高まってしまいます。心筋梗塞の予防には健康診断が重要となります。

詳しく見る

医者と看護師

体に異常を感じたら病院へ

食生活の変化により、潰瘍性大腸炎になる日本人が増えています。潰瘍性大腸炎になると大腸の粘膜が炎症を起こし、腹痛や下痢、血便などの症状が現れます。病院の内視鏡検査で発見が可能であり、軽度の場合の治療としては薬物療法があります。

詳しく見る